マイクロニードルパッチ ほうれい線 比較

マイクロニードルパッチはほうれい線に使えるの!?

マイクロニードルパッチはほうれい線に使えます。

一般的な保湿 < マイクロニードルパッチ < 美容外科

っていう感じでした。(詳しくは下で比較検証してます)

そんなマイクロニードルパッチを選ぶポイントは

  • ヒアルロン酸の針の数
  • ほうれい線に使っている口コミ
  • コスパ

この3つを押さえておくのがいいです。

マイクロニードルパッチ比較ランキング

ヒアロディープパッチ

ヒアルロン酸の針の本数は左右で1500本。

他のマイクロニードルよりほうれい線に使っている写真が多ですね。

コスパが良いので継続しやすいのも嬉しいです。

ダーマフィラー

ヒアルロン酸の針の本数は左右で1500本。

モニターテストでは3ヶ月で実感という結果に。

製薬会社が開発した製品で、週3回継続使用した場合の効能評価試験済みという点が信頼感ありますね。

ホワイトマイクロパッチ

6種の純粋な美容成分で、シミニアプローチするパッチです。

成分は豊富ですが、成分の傾向やパッチの形状はどちらかというとほうれい線よりはシミ向きの印象です。

 

 

 

 

こんな状態になるまで気づけなかった


私は現在30代後半。子供が2人いて在宅ワークをしています。

今回マイクロニードルパッチを試してみたいと思ったきっかけは、電気をつけてない薄暗い部屋で鏡を机に立てかけて自分の顔をみて、ギョッとした・・・。というかゾッとしたからです。

正面から鏡で見るよりも斜め下から見るとかなり老けて見えますよね!

私の顔は、自分の予想を遥かに超えるほど目の下のクマに加え皮フのたるみで影が出来上がり真っ黒でした。

なぜこんな状態になるまで気づけなかったのだろうと考えてみました。

20代の頃は基礎化粧品に惜しみなくお金と手間をかけていたように思います。特に独身時代は美容関係で働いていたので身なりはかなり重要でしたし、鏡を見て自分の姿をチェックする回数が多かったです。

結婚してから・・・

その生活が変わったのは結婚してから、安心感からなのか、「皮膚トラブルもずっと無かったから私の肌は大丈夫!」と過信していた事と、元々顔に塗ったりする事が気持ち悪いと思っていたので、美容職を辞めたのを機に、あっという間に手入れをしなくなりました。

そして妊娠すると、つわりで化粧品の臭いを一切受け付けなくなり、さらに手入れをおこたりました。

さらにさらに・・・いざ子育てが始まると毎日子ども中心で自身の事を気にすることもなくなっていました。

こう書いてみると子どものせいにしてしまってますね・・・私が外出する機会を作ったりしていればよかったなと今になって反省しても時すでに遅し。

なので、40歳を目前に大慌てで「改善」・・・は無理でもせめて「現状維持」を目標にスキンケアを再始動するために、マイクロニードルパッチがほうれい線に使えるのか、実際に使って見た体験談と、ヒアルロン酸の効果などについて真剣に調べた結果を紹介します。

ほうれい線ができる意外な原因は?

年齢を重ねると、顔のほうれい線が気になってくるものです。

ほうれい線が濃く見えると、よりいっそう顔が老けて見えてしまいますよね。

しかし、ほうれい線はある日突然できるものではありません。

これまでの日々のお手入れに手を抜いてしまった結果として現れてしまうものなのです。

だから、「ほうれい線をすぐに消す」という施術は難しいのが現実です。

といっても、ほうれい線ができてしまう、加齢以外の原因も多くあります。例えば・・・

  • 原因その1:姿勢が悪い
  • 原因その2:不規則なライフスタイル
  • 原因その3:紫外線
  • 原因その4:乾燥

これらについては、手軽な対策が考えられますね。では具体的にはどんな方法があるでしょうか。

 

→そこで探してみると、最近ではマイクロニードルのパッチを使っているというクチコミが多いことに気がつきました。

 

マイクロニードルパッチとは。

ほうれい線にも使えるという話がネット上に駆け巡っていますが、根拠はあるのでしょうか?

まず、名前から形をイメージしにくいのですが、マイクロニードルとは小さな針ではありません。

極めて微細な突起物を敷きつめたシールがあり、それを肌に貼り付けて薬剤を注入する方法のことをいいます。

突起物から薬剤成分が皮膚に浸透するのですが、神経までは届かないため痛みを感じることがありません。

安全性を考慮して突起部分そのものが溶けて体内に吸収される仕組みなのです。

 

→さて、それではマイクロニードルはほうれい線対策に有効なのでしょうか。

 

マイクロニードルはほうれい線対策に効果あり?

マイクロニードルがほうれい線対策に使えるかどうかは、意見が分かれます。

結論から言うと「一時的な対策だけど、保湿よりは効果あり」といったところでしょう。

 

保湿よりも

ほうれい線の対策のためにシートマスクを使った方が良いという話はよく聞きますよね。

先に紹介したように、乾燥はほうれい線ができてしまう原因ですから、乾燥しやすい口元部分などの保湿ケアを行うことは有効な対策です。

化粧水や乳液を、手で肌に押し込むようになじませ、週に1度程度はシートマスクなどのパックで肌にうるおいを浸透させるように与える、というのが乾燥対策です。

乾燥による影響が大きいという人にとっては、保湿が有効なほうれい線対策でしょう。

 

ヒアルロン酸はそもそも一時的

そして、加齢によるほうれい線対策はヒアルロン酸の注射、と思われている傾向がありますが、実は一時的な対策にしかなりません。

ほうれい線が目立ってしまうのは、頬の筋肉が衰え、脂肪が下がってたるんでしまうことが原因。

ここに化粧品やヒアルロン酸など浸透させてみても、皮膚にできた溝を一時的に埋める効果しかありません。加齢には逆らえませんね。

とはいえ、一時的な効果でも構わないというのならば、マイクロニードルによる集中ケアは有効です。

→数あるマイクロニードル商品の中でも、コストパフォーマンスが高いとして選ばれる事が多い製品が、ヒアロディープパッチでした。

 

 

ヒアロディープパッチ

目元周りの小じわ対策に特化したケアアイテムです。

目元の皮膚に対して、ヒアルロン酸を直接肌の角質層まで届けることを目的に開発されました。

小さなシートを寝る前に目元に貼るだけで、寝ている間に水分を補充し潤いを回復します。

週に1回のペースでケアを行うことで、翌朝には、普段とは違う目周りの潤いを実感できます。

>>公式サイト

ヒアロディープパッチの口コミ。

  • 使い始めて2ヶ月目ですが、目の下や目尻のシワが薄くなってきたようです。シワが薄くなるというよりも、皮膚がむっちりしてくるという感じでしょうか。
  • 目元の皺とほうれい線対策に貼ってみたら、痛みはないけどしっかり刺さってる感覚。翌朝には棘はなくなっていたので全部肌に浸透したのかなという感じ。
  • パッチを貼った直後はチクチクする。しばらくするとチクチクが消えているので、ヒアルロン酸が吸収されてるのだなと分かります。
  • 効果はほぼ無し…しばらく希望を込めて使ってみましたが私には合わなかったのかも。
  • 解約時には理由を聞かれましたがしつこい営業はなかったので、試しに使用してみるのもいいかもしれないですね。

 

ヒアロディープパッチ以外のマイクロニードルパッチと比較してみた!

マイクロニードルのシール状シート(パッチ)といえば、ヒアロディープパッチの他に、ダーマフィラー、ピリオド インジェクティブパッチ HAセットなどが知られています。

それぞれの商品の特徴と、ほうれい線に使った人の口コミを検証してみましょう。

 

ダーマフィラーとは?

ダーマフィラーとはエイジングケア化粧品として知られる製品で、ヒアルロン酸を肌の奥に届ける効果を果たします。

ほうれい線などのシワが目立ちやすく、また乾燥しがちな「目元・目尻・口元」に貼り付けて使用するタイプのシール状のシートです。

シートの裏面、つまりシールの面にはヒアルロン酸が突起状に固まっていて、肌に貼ると水分でゆっくり溶け出して、肌の深部に浸透します。

そのため皮膚の内側から水分を補給し、ハリを保って与えてくれる働きがあります。

このように、本来は人工的な方法によってはなかなか浸透しにくいヒアルロン酸を、マイクロニードルによって肌の奥まで染み込ませることを目的に開発されました。

 

製薬会社が開発した製品で、週3回継続使用した場合の効能評価試験済みという点は信用できますね。

また何といってもマイクロニードルを自宅にて自分だけで手軽に使えるのは便利ですね。

他の製品と比べて決して安いとは言えないかもしれませんが、それなりの効果を期待できる要素が詰まっています。

なお、ダーマフィラーのイメージキャラクターは川原亜矢子さん。公式サイトによればダーマフィラーを愛用されてるとのこと。

>>公式サイトはこちら

 

ダーマフィラーの口コミは?

ダーマフィラーに対して、次のような口コミが紹介されています。

  • 左右の口元にパックしてみたのですが、剥がれたりズレたりすることもなく一晩しっかりくっついてました。
  • 剥がすとちょっと跡が残っちゃうんですが、30分くらいすれば綺麗に消えます。
  • 目の動きでシートがヨレる。。。ならばほうれい線にと貼って見たけど結果は同じ。。。決してお安くはないし、最先端技術が使われているし、きちんと6時間貼れたならもっと効果があったかもと思うと悔やまれます^^;
  • ニードル状のヒアルロン酸が肌の水分でゆっくり溶け出し、じっくり時間をかけて浸透していくので、保湿感とハリ感は一回の使用だけでかなり上がった感じ!
  • 貼って寝た翌朝、確かに肌はふっくらしていました(^^)
  • 私は口元のほうが効果が大きかったです。使い続けると、きっともっと効果が期待できるパックだと思います!

 

 

ピリオド インジェクティブパッチ HAセット

アイマスクシートです。

同じくマイクロニードル技術で、ヒアルロン酸を角質層の深部へ直接届けることを目的とする、アンチエイジングアイテムです。

こだわりの潤いで、みずみずしくふっくらハリのある艶やかな肌を回復させます。

>>公式サイト

 

ピリオド インジェクティブパッチ HAセットの口コミ。

  • 使い方が難しいかと思いましたが、結構簡単に貼れました。
  • 目元やほうれい線など気になる部分にハリが出ました。特に目元と、眉間の縦しわに効果が出ました。
  • 目尻のシワが目立ってきたので、購入しました。久し振りの痛気持ちいい使用感!週1回続けて2回使用したところ、シワが薄くなってきました!!
  • シワとか、クマに良いと思います。
  • 以前通っていたエステで使っていました。
  • お値段が高価なので、もう少しお安いと使いやすいです。
  • もう少しお値段がリーズナブルだったら、買いやすいと思います!

 

このようにいくつかの種類のマイクロニードル製品が買えるようになっています。次は「自分に合う」ブランドに出会うために、ピンときたブランドを試してはいかがでしょうか。

他に比較したマイクロニードルパッチ一覧

日本製

商品名 価格 HP
フイルナチュラントIC.U HA マイクロパッチ 2枚入(1回分)・1,800円 HP
資生堂ナビジョンHAフィルパッチ 2枚×3包入・5,800円 HP
パナソニック ヒアルロン酸インテンシブシート 4セット入(2枚×4セット)・12,000円 HP
ピリオド インジェクティブパッチHA ¥18,468 HP
プラスキレイ マイクロパッチHA 1袋・2,000円 / 5袋・8,095円 HP
MICHIKO.LIFEヒアロニードシート 2枚×1セット・3,200円 HP
ビバリーMAX 12,800円 HP
レクステラ Siマイクロパッチ 10,800 円 HP
マイクロトリートメントパッチ 1セット 1,800円 HP
ビバリ エッセンスシート 12,000 円 HP

韓国製

商品名 価格 HP
スパトリートメント iマイクロパッチ 8枚 3,950円 HP
NIVEOLA スペシャルワン マイクロ パッチ 2枚 1,944円 HP
CELKINマイクロフィルパッチ HP
アクロパス/美バリュー HP
アクロパスアイゾーンケア HP
アクロパス スポットプラス HP
アクロパス アイズプラス HP
アクロパス エイシーケア HP
ロイヤルスキン HP
ウエラジュ マイクロ ニードルパッチ HP

ほうれい線への成分の効果で比較

マイクロニードルパッチを選ぶ上で、ほうれい線に効果的な成分をどれだけ含むかというのも大事ですよね。

ヒアルロン酸のほうれい線への効果

1グラムにつき6リットルもの水分を保持するヒアルロン酸には高い保湿力があります。

この保湿力から肌に注入することで乾燥を防ぐ効果が期待できます。

元々体内で作られる物質のため、副作用リスクのが低いというのも特徴です。

コラーゲンとの違いは安全性の高さです。

コラーゲンはヒアルロン酸に比べるとアレルギー反応などの副作用を起こしやすいという違いがあり、今では美容外科のシワ注射でもヒアルロン酸が主流になっています。

レチノールのほうれい線への効果

レチノールはビタミンAの一種です。

コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞に働きかけることで、皮膚の弾力を司るコラーゲンやエラスチンをサポートします。

肌にハリを与え、ふっくらと柔らかく滑らかな状態に整えます。

FGFのほうれい線への効果

FGFは人間の体内にあるたんぱく質の一種で、「線維芽細胞増殖因子」とも呼ばれます。

線維芽細胞を増殖させる因子という名前の通り、コラーゲンやヒアルロン酸を生み出す線維芽細胞そのものを増殖させ、コラーゲンやエラスチンの生成を活発に繰返し若返りを促進します。

価格で比較※値段とコスパの考え方

いくら成分が魅力的でも、値段が高くて継続できなかったらあまり意味がありません。

お試しや回数縛りも考えてコスパの良いのを選びましょう。

韓国製の方が安い傾向

全体的に韓国産のマイクロニードルパッチの方が価格が安い印象があります。

CELKIN マイクロフィルパッチの1セット700円の安さが特に際立ちますね。

安さの理由は一概には言えませんが、成分や本数が明記されていなかったり、ヒアルロン酸以外の成分が少なかったりする点に関係がありそうです。

比較する際は価格だけでなく、成分や口コミで効果がありそうか、安全性に不安はないか確認するのが良いと思います。

ドラッグストアでの市販品が手頃な理由

薬局の店舗・店頭で市販しているマイクロニードルパッチもあります。

中には安く手に入るものもありますが、こちらも韓国製と同じく値段だけで選んでもあまり意味はないかなと思います。

ただ、いちどヒアルロン酸のマイクロニードルを試してみたい(痛くないか?とか)という人は安価なものを試してみてもいいかもしれませんね。

アマゾンや楽天にはないお試しや割引に注目

ダーマフィラーやヒアロディープパッチも含め、アマゾンや楽天でも売っているものは多いです。

もちろん、相当な楽天ポイントがたまっている場合にはお得に入手するのはアリですが、公式サイトには初回の人や継続者が優遇されるキャンペーンが実施されています。

初回限定で安い価格でお試しができたり、定期購入すると2回目以降も割引が適用されたりするので、ほうれい線のためにこれから続けてみたい人はもちろんのこと、1回こっきりのつもりでも、公式サイトがお得になる場合があります。

安全性で比較

上にも書きましたが、韓国製や極端に安価なマイクロニードルパッチではなど成分や製法が明らかになっていないなどの理由から、安全性を心配する口コミも見受けられます。

マイクロニードルパッチは医薬品ではないので基本的には副作用を機にする必要はありませんが、無香料、無合成色素、パラベンフリー、アルコールフリーなどの安全性が確認できるものの中から選ぶと安心できると思います。

マイクロニードルパッチの使い方

マイクロニードルは針が溶けて成分が浸透するまでに5時間かかります。
また、起きている間は表情筋に動きがあるので、どうしてもはがれやすくなります。
この2点の理由から、寝る前に貼るのが効果的と言えますね。

実際、マイクロニードルパッチを使うタイミングはお風呂→洗顔クレンジング→化粧水→美容液・乳液・クリームなど→パッチ貼付
というのが推奨されています。

この時にあまり油分を含む乳液・クリームを塗ってしまうと就寝中にパッチがはがれやすくなってしまう点は注意が必要です。

使用頻度は、毎日使っても問題はないのでしょうけど、週1〜2回の使用に抑えて、その分期間的に長く続けた方が効果的だとしているメーカーが多いです。

 

マイクロニードルパッチ続けてます

目の下のたるみやほうれい線のシワは、老けて見えるので本当にイヤですよね。

悩んでいる方はきっと私だけではないはずです。

でも何もせず放っておいても治らないし、増えていく一方だと思うので、少しでも遅らせたいですよね。

なの、少しお高めですがヒアロディープパッチを試してみてよかったと思います。

メイクで隠すだけでなく年齢的スキンケアで根本から治すように力を入れていかなきゃいけないなと思いました。

これからどんな感じに変わっていくか楽しみです。

 

更新日:

Copyright© マイクロニードルパッチがほうれい線に良いという口コミを比較検証してみた , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.